Browse Month: 12月 2015

脱毛後の手入れについて

脱毛後というのはとても肌が敏感になっています。

脱毛後は必ずアフターケアをする必要があります。

■脱毛直後の肌はとてもデリケート

自己処理経験者ならきっと実感したことがあると思うのですが、自分で脱毛をしたあとの肌はとても敏感でヒリヒリすることもありますし赤みを帯びることもあるかもしれません。また、剃刀を使っているとカミソリ負けをした感覚が残っていることもあるかもしれません。これらは脱毛直後の一時的な肌状態が不安定になりデリケートになっていることを意味しているのですが、改善しなければいけません。

■脱毛直後の肌は

脱毛直後の肌はできるだけ刺激を与えないような生活を心がけましょう。例えば今言われていることは紫外線です。紫外線は年中を通して空から降り注いでいるのですが、これはとても刺激になります。特に夏場は紫外線が強いですので、紫外線を浴びないようにしましょう。脱毛直後の肌は軽いやけどをしたような状態になっていますので、日焼け度目を塗ることもできません。そのために長袖を着たり日傘をさすなどの方法を選び日焼け対策をする必要があるでしょう。

■脱毛を行った部位は締め付けない

そして脱毛部位が露出していないからといって安心してはいけません。露出していなかったとしても、締め付けたり引っ張ったりすると肌への負担になりますので、ストッキング、タイツ、きつく締め付けるガードルなどを着用しないように気をつけましょう。

■入浴時の注意

お風呂に入る際はシャワーだけにしておいたほうがいいかもしれません。体を洗うタオルも化繊よりも、木綿がおすすめです。あまり強くこすると肌ダメージになるので気をつけましょう。

脱毛サロンやクリニックではこれらの日常生活の脱毛後の注意点については説明があるかともいますので、カウンセリング後や、施術後のスタッフからの注意点の話はしっかりと聞いておいたほうがいいでしょう。守らなければ効果も効果的に出せませんし肌トラブルによって施術の中止もありえます。

脱毛の施術内容について

脱毛の施術内容は受ける場所によっても違いがあります。

ここでは施術内容の違いについて考えてみましょう。

■脱毛サロン、エステの施術内容について

脱毛サロンやエステで行われている施術は、主に光フラッシュ脱毛と言われる脱毛方法です。特殊な光を使用してその光を毛根に当てることによって、毛根部分は熱を帯びて、その熱が伝わり、毛根を破壊して毛が生えてこないようにするというメカニズムです。

■医療レーザー脱毛の施術内容について

医療レーザー脱毛も、光を当てて施術を行いますので、根本的には先ほどの光フラッシュ脱毛と同じです。何が違っているのかといえば、違う点は光の強さです。レーザーを使いますので、フラッシュ脱毛と比べるとかなり威力が強いことが特徴です。一度の威力が強いために、フラッシュ脱毛よりも回数を減らして受けることができます。レーザー脱毛は一般的に6回程度と言われており、フラッシュ脱毛はその倍と言われています。倍の威力を持っているために受ける回数も少なくて済むというわけです。

■施術の流れについて

施術の流れですが、初回は大半のところでカウンセリングから始まります。カウンセリングでお客様の肌の状態や脱毛の悩みなどを聞いて、その上で施術を行っていきます。行う前には光を照射する部分に冷却ジェルをぬって、そして照射、最後は保湿ジェルを塗って終了というところが多いです。最近は冷却ジェルが冷たすぎて不快に感じるということもあり、冷却ジェルを使用しなくても使える機器なども増えています。最新の機器を導入しているサロンなどでは、さらに進化した施術を受けることも可能です。広告やホームページなどでチェックしておくといいでしょう。

このように受ける場所によって施術内容は若干違っていますが、流れとしては特に違いは見られず、だいたいどこも同じような流れで行われていることが特徴といえるでしょう。これから受ける人は参考にしてみましょう。