処置方法を選択する際に配慮すべきこと

脱毛の処置方法を選択する際には、様々な観点から、リスクとメリットを洗い出しておく方が無難かもしれません。

脱毛の処置方法は、大きく分けて、自己処置、施術、治療に区分できそうです。         

このうち、自己処置と他の二つ(施術と治療)は、簡単に分けられそうですが、施術と治療は明確には区分できないかもしれません。

厳密には、区分できないながらも、脱毛を検討されている方のために、大雑把ではありますが、整理しながら、これらを概観してみます。

■自己処理と施術・治療のどちらにするか

まず、自分で、カミソリでムダ毛を剃ったり、脱毛クリームを塗ったりする自己処理とエステティシャンや医師等の専門家による施術・治療の違いを見ていきましょう。

自分で処理する場合は、比較的、費用をかけずに、手軽に処置できる反面、効果に対して、客観的な評価や判断ができなかったり、肌を痛めるようなリスクも出てきたりします。

また、自分自身の目が届かない点を意識して、脱毛の処置をする場合は、明らかに限界があります。

その点、エステティシャンや医師等の専門家による施術・治療の場合は、客観的な状況を把握しながら、予算や自分のおかれた状況や希望に応じて、最適な脱毛の方法を選択できるというメリットがあります。

■施術と治療のどちらを選ぶか?

施術と治療は、厳密な区分はないかもしれませんが、人体に強い影響を及ぼすレーザー光線による脱毛は医療行為にあたるようで、医療機関で医師の資格を持つ専門家の治療を受けるという位置づけになるようです。

ただ、最近では、キセノンフラッシュ光と呼ばれる比較的、人体に及ぼす影響の弱い光線での処置方法も出てきており、これを活用して施術を行い脱毛の処置を提供している脱毛サロンも多くなってきていることから、こちらの選択肢も脱毛での有力な方法の一つとして注目されてきています。

■やはり、総合的な判断

ここまでくると、何が何だか分からなくなることがあるかもしれませんが、肝要なのは、自分自身がどの部位のどのような形での脱毛を求めるかや、永続的な効果を期待するか否かや、施術や治療を受ける際の痛みや費用やリスクをどこまで許容できるか等に注目していく必要があるでしょう。

また、医療機関で、施術や治療を受けることにより脱毛を短期間で、永続的な効果を求める場合でも、病院等の皮膚科以外に医師免許のような資格を有するスタッフが施術や治療にあたる脱毛クリニックとよばれる脱毛サロンに近い業態もありますので、このようなクリニックを含めての総合判断になりそうです。